Wordpressの不具合復旧
サーバー移管・設定等お任せ下さい
「最短30分での対応可能」
用途に応じたサーバーやテーマのご提案も可能です。
Wordpress作業代行 & ポートレート & 風景写真ブログ
Photo Diary

シャープ洗濯乾燥機の「ES-T55E7-N 2012年製」分解清掃をしてみた!!

ご覧頂きありがとうございます!Norio_Takahashiです。

リサイクルショップでお買い上げのシャープ製洗濯機。
初めから洗った後にも洗濯物にカビらしき海苔みたいなゴミがつくので何度も洗濯槽クリーナーを使ったのですが改善しないので、分解清掃することにしました。

使った道具

プラスドライバー(大小)

10mmスパナ

分解手順

まずは水道を止めます。

次に周囲4箇所のプラスネジを外します。(反対側側面にも2つあり)

するとパカっと上に開きます。

赤丸の所にセンサーがあります。折ってしまわない様に注意!!

この配管も外します。

写真は外した状態ですが、矢印の位置に「つめ」があり、手で簡単に外せます。外すと丸ごとカバーが外れます。

外すと洗濯槽が、まる見えになります。

真ん中の大きなプラスネジを外します。(ここが一番硬かった)

片手にプラスドライバーで緩めてみましたが固くて緩まず。。。

写真にはないですが、足を突っ込んで足で洗濯槽が回らない様に抑えて両手でプラスネジを緩めました。笑

プラスネジを取ってしまえば、あとは上に持ち上げれば取れます。

滑って上手く取れないときは、滑り止めの付いた軍手などで外します。

回転部分を取るとこんなことに。。。汚すぎ。

海苔みたいなカビは、ここから流れ出ていたみたいです。こんなの洗濯槽クリーナとかでは取れなくても仕方ないですね。。。

矢印の所に4つのプラスネジを外します。ここも結構硬いので10mmスパナで外しました。

外すと洗濯槽が上に外れます。

外したところも、さぞかし汚いと思ったのですが、意外に大したことなかったです。

下は汚れていたのでカビキラーを振りかけて放置します。

その間に洗濯槽の掃除をします。

ステンレス洗濯槽って綺麗なイメージですが回転部分の所は汚かったですが、外側とかは全く汚れていなくて本当に綺麗でした。

洗剤投入口もバラします。7箇所のネジを外しました。

本当に、たまたまですが、製造年月日の日にちが、6/7 本日でした!すごい偶然。ちょうど7年前に製造されたんですね。

投入口の内部も相当汚いです。汚れは液体洗剤が原因な感じでした。投入口から洗剤を入れなければ汚れなさそうです。今後は使わない様にします!

全て綺麗に掃除しました。

綺麗になりました。

元どおり組み立てて作業完了です。

思ったより簡単でした。

カビキラーが内部に残るので洗濯物を入れずに一回回して試運転しました。

まとめ

洗剤投入口を使わない様にすれば、洗剤投入口を掃除しないでも大丈夫そうです。

洗濯槽の外側も綺麗だったので洗剤投入口の掃除が不要ですと、洗濯槽をばらさなくて良いので、回転部分を外して底の部分のみの清掃で済みます。そうすればかなり簡単に掃除できそうです。

くれぐれも自己責任で参考程度にお願い致します。

ABOUT ME
Norio Takahashi
Photographer &『wordpressの修理屋さん』 不具合復旧やSSL化等のWordpressの作業代行を行なっています。 素敵な場所・風景を求めて旅をする事が生き甲斐です。
にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA